アーカイブ

2013年
2014年
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月

2019年  3月18日(月) 梅の開花
梅の開花
  <梅の開花>

快晴。風もなく穏やか。しかしながら、朝方、まだ霜柱が立つ。

梅は昨日開花したが、写真がピンボケだったので、今日より近くに開花した花を撮影。 去年の開花は3月19日、二日早い開花だが、暖かい割には、あまり変わらない。

これまで自然農法センターの種子を毎年購入してきたが、今年は200円が300円に、300円が500円になっていた。 何といってもこれは値上げしすぎでしょう。1.5倍以上の値上げだ。 何か理由があるのではと、サイトをチェックしてみたが見当たらない。 と言うことで、今年は断固購入拒否。

2019年  3月17日(日) 敷設した田の水路の塩ビパイプ
敷設した田の水路の塩ビパイプ
上さんが設置した水場にやって来た百舌
上さんが設置した水場にやって来た百舌
  <田に肥料と糠を撒き、水路に塩ビパイプを敷設して覆土>

朝方晴れ後曇り。

朝10時丸米俱楽部の面々田に集合。 標題の作業後、11時頃に散会。

久しぶりにロケットストーブに火を入れて、枯れ枝を燃やす。 その後、須玉の温泉が近隣住民無料招待日だったので、一風呂浴びさせてもらった。

2019年  3月13日(水) 明野のターシャ
明野のターシャ
人参のスープ
人参のスープ
鶏のコンフィ
鶏のコンフィ
デザート
デザート
雪が舞う
雪が舞う
  <明野のターシャで移住仲間と昼食会>

晴れ、夕方、南アルプスからの雪が舞う天気。

移住仲間10人明野のターシャで12時より昼食会。メインは鶏のコンフィか、鉄板にのった熱々のハンバーグ。 ワイワイガヤガヤと過ごして、1時間半、13時半頃散会。

帰りにJA梨北に寄って九条1本葱の苗100本を550円で購入。

2019年  3月12日(火) 7年目の開花
7年目の開花
  <7年目の開花>

晴れ、午後風やや強し。

開店祝いにいただいた3鉢の胡蝶蘭のうち、一鉢だけが花を付けた。 写真を撮りながら、精緻で美しい牧野富太郎博士の植物図のことが思い浮かんだ。 高知に行くことがあったら、高知県立牧野植物園に寄ってみよう。

2019年  3月9日(土) 3月8日(金) 夕暮れ
3月8日(金) 夕暮れ
3月9日(土) 田の整備 1
3月9日(土) 田の整備 1
3月9日(土) 田の整備 2
3月9日(土) 田の整備 2
3月10日(日) つるし雲
3月10日(日) つるし雲
  <田の整備>

3月9日(土)、丸米倶楽部の面々、朝10時に田に集合。水抜き用に掘った水路の畔を水漏れしないように叩き締め、 そのため狭くなった田を拡張しようと削った既存の畔の土を均等にしようと田にばら撒き、11時半頃終了。 午後5時からは今年の田の作業の打合せと一酒一品持寄りの飲み会。何と水先案内人に詳しい方が3名もおられて、その蘊蓄を聞くこととなった。

2019年  3月7日(木) 土竜塚
土竜塚
  <春の鳴動 土竜あらわる>

曇り。

昨日は啓蟄。 怖れていたことが起こった。 庭に土竜塚を発見。去年は3月25日。 土竜は冬眠をするのではなく、冬に蚯蚓が土深くに移動するのに伴って、土竜も移動するとのことであった。

下記3冊読了。

「動的平衡」福岡伸一著: エントロピーの増大とそれに抗する集積・腎臓は一日、150ℓの血液を濾過

「嫌われる勇気」岸見一郎・古賀史健著: アドラー・目的論・外に出たくないから不安という感情を作り出している・経験によって決定されるのではなく、経験に与える意味によって決定される・ 答えとは教えてもらうものではなく、自らが導き出すもの・自律分散型・承認欲求の否定・課題の分離・ 誰からも嫌われたくない、自由とは他者から嫌われること、他者から嫌われることを怖れず、承認されないかもしれないというコストを支払わないかぎり、自分の生き方を貫くことはできない

「しょぼい起業で生きていく」えらいてんちょう著: 場の提供・それほど客が来なくても、待っているという仕事・金を掛けず、まずやってみる

2019年  3月6日(水) 昼食 韮崎 八嶋 中入り丼
昼食 韮崎 八嶋 中入り丼
曽根丘陵公園 1
曽根丘陵公園 1
曽根丘陵公園 2
曽根丘陵公園 2
曽根丘陵公園 3 上の平遺跡
曽根丘陵公園 3 上の平遺跡
  <梅の香に包まれて>

曇り。

韮崎のJA梨北に寄って、キタアカリの種芋3㎏(798円)、堆肥土の里16㎏(382円)、野菜の培養土12ℓ(281円)を購入。 堆肥や、培養土を購入したのは2014年以来である。その間は生ゴミが土に還ったもの、糠、草木灰だけを土に入れていた。 あまりにも去年の大根が貧弱だったので、少しだけ方針を変更することにした。堆肥は全面ではなく部分的に施用し、培養土は苗の育成に使用する予定。

昼はこれまで山行の後では予約が取れなかった、韮崎の本町にある”うなぎ馳走 八嶋”で中入り丼のセットと中入り丼をいただく。 セット部分は上さんとシェア。中入り丼はご飯の上に鰻1枚、中に半枚が入っている。ボリュームも考えると、中入り丼だけを頼むのが良いようだ。

昼食後は山梨県立考古博物館の裏手にある古墳群で構成された、曽根丘陵公園を散策する。 本数はそれほどないが、匂いたつ梅の香に包まれた。梅の木に交じって植えられているサンシュユ(山茱萸)の黄の花が彩を添えている。 公園は奥が深く1時間半位の歩程となった。バーベキューやピクニックには打って付けという感じ。

2019年  3月2日(土) 3月2日(土) 田の水路の除草
3月2日(土) 田の水路の除草
3月2日(土) 庭 上さんがプルーンの幹の間に置いた、小鳥用の水場
3月2日(土) 庭 上さんがプルーンの幹の間に置いた、小鳥用の水場
2月27日(水)タダリコ 一人で昼食 カルボナーラ大盛
2月27日(水)タダリコ 一人で昼食 カルボナーラ大盛
2月25日(月)夕焼けに映える甲斐駒ケ岳
2月25日(月)夕焼けに映える甲斐駒ケ岳
  <田の畔外側の水路の除草と整備>

晴れ、春めいてきた、ポカポカの天気。

午後1時、丸米俱楽部の面々5人、田に集合。 田に水抜きのために掘った水路の水を流すため、畦の外側の使われてなくて、草ぼうぼうになっていた水路の整備。 シャベルや鍬で除草するが、なかなか抜けない。私は2時半頃に、先に抜けさせてもらった。他の4人は水路を作った分減った面積を拡張しようと、 畦の田側の側面を削る作業を続けていた。

日記がご無沙汰になっていた。何時の間にやら早3月で、明日は雛祭り。 それほど忙しくなかったが、雨が少なく晴耕雨読ならぬ晴耕寒読の合間に、野暮用のメールを読んだり、その対応をしていた。

いよいよ田と菜園の準備という時期になってきた。

2019年  2月21日(木) 昨夜7時、東の空にスーパームーン
昨夜7時、東の空にスーパームーン
  <今日も菜園の手入れ>

晴れ、風もなく、穏やかな天気。 蟻がどこからか現れ、菜園にはオオイヌフグリの花が咲く時候となった。

と言うことで、午後は菜園の手入れ。土に還った生ゴミ、糠を混ぜ、菜園に散布。 暖かで、肩口が少し汗ばむ。

2019年  2月20日(水) 朝靄
朝靄
たんぽぽ食堂 コロッケ・メンチカツ定食
たんぽぽ食堂 コロッケ・メンチカツ定食
  <上さん、2月6日に続き、二度目の味噌作り>

午前朝靄と曇り、午後快晴。

午前上さんと移住仲間2人、計3人で、我家で2度目の味噌作り。

昼食は私も参加して、計4人、長坂のたんぽぽ食堂で、メニューにはなかったが、総菜を見るとあったので、コロッケ・メンチカツ定食をいただく。 熱々で美味しい。

腹ごなしに、いつも収穫させていただいているブルーベリーの剪定を4人で、30分程する。

2019年  2月13日(水) 昼食 卵サンド
昼食 卵サンド
菜園 ルッコラ
菜園 ルッコラ
パンのようだと言われた、上さん作 紙粘土のお雛様
パンのようだと言われた、上さん作 紙粘土のお雛様
  <菜園の整備・紙粘土のお雛様>

昨日は快晴、本日は午前曇り、午後快晴。風もなく、暖か。

午前、曇りで、気温が上がらないと、薪ストーブに火をいれ、椅子をストーブの前にして、読書。 「アフロ記者が記者として書いてきたこと。退職して書けたこと。」稲垣えみ子著読了。 ウェブのアエラのコラムが面白かったので、図書館で借りてみたが、その肩ひじ張らない節電生活がなかなかのものだ。

上さんが移住仲間宅へ紙粘土のお雛様を作りに行った。 外食しようと思っていたが、卵サンドを作ってくれたので、コーヒーをいれて昼食とした。 京都には卵サンドやポテトサラダで有名な店が結構あることを思い出した。

年々大根が小さくなってきたのには、参った。今は春撒いて、そのこぼれ種で秋発芽したルッコラだけが緑を保っている菜園だが、 昨日今日と暖かな午後、地力向上になることを祈って整備。

バケツに土に還った生ゴミを7分目まで入れ、それに糠と草木灰を混ぜ、一畝に一杯ばら撒く。一度に三畝ずつ、疲れぬほどに、少しずつ進めている。

上さんがパンのようだと言われた紙粘土のお雛様持って、帰ってきた。

2019年  2月11日(月) 昨日 蕗の薹発見 昨年1月16日 一昨年2月14日
昨日 蕗の薹発見 昨年1月16日 一昨年2月14日
昨日 水仙の発芽
昨日 水仙の発芽
本日午前 鹿のとどめをさすための空気銃
本日午前 鹿のとどめをさすための空気銃
本日午後 野焼き開始
本日午後 野焼き開始
本日午後 野焼き終了
本日午後 野焼き終了
  <午前、雄鹿がかかった 午後、野焼き>

朝方晴れ後曇り。

朝10時パンのラベルを準備していると、見回り区域内のくくり罠に鹿がかかったとの一報。 そそくさにラベルの準備を終えて、現場におもむく。

関係者5、6人が集結。立派な角を持った4歳の雄鹿である。水路に落ちて身動きが取れない状態である。 目を開け、足をバタバタしていて、まだ生きていた。

猟の免許を持っている、鹿罠主催者がやって来て、空気銃でとどめをさし、 皆で水路から引き揚げた後、血抜きのためナイフで頸動脈を切断。 証明用の写真を撮った後、軽トラックに乗せて11時頃に終了。 私はやらないが、後は解体と言うことになる。

午後1時半、丸米俱楽部の面々4人、田に集合。畦の野焼きをする。 草焼き用ガスバーナーで火を付けた後、延焼しないように水の入った如雨露を持って監視。 午後3時頃終了。

2019年  2月10日(日) 2月4日(月)8:00 西の空に虹
2月4日(月)8:00 西の空に虹
2月6日(水) 昼食 タダリコ サラダ
2月6日(水) 昼食 タダリコ サラダ
2月6日(水) 昼食 タダリコ パンチェッタのパスタ 大盛
2月6日(水) 昼食 タダリコ パンチェッタのパスタ 大盛
2月7日(木) 7:10 久々の霜 ベランダ
2月7日(木) 7:10 久々の霜 ベランダ
2月7日(木) 7:10 久々の霜 庭と菜園
2月7日(木) 7:10 久々の霜 庭と菜園
  <やっとクアラルンプール日記を書き終えて、日常へ>

快晴、久しぶりに布団を干した。

クアラルンプール日記を、毎日一日分書いていたが、11日分は長い。

今冬はやはりおかしい。例年なら2月末頃までは土がカチコチで歯が立たないのだが、 今年は生ゴミを土に埋めることができる。 北海道は例年にない寒さ、日本海側は大雪のようだ。 世界的にもアメリカの寒波、オーストラリアの熱波などの異常気象が伝えられている。

2月1日(金) 戻って来た日は、前夜の雪で10cm位は積もっていた。
2月4日(月) 朝8時ごろ虹がかかった。
2月6日(水) 上さんが移住仲間宅に味噌作りに行ったので、昼食は一人、若林にあるタダリコでいただく。
2月7日(木) 朝、久しぶりに霜が降りた。
2月9日(土) 丸米俱楽部の仲間が、今年植える籾を届けてくれた。籾の髭取りには6時間位かかる模様なので、合間合間に少しずつ時間を取って、進めるつもり。 去年塩水選をしたのは4月1日で、その頃までにやればよい。

2019年  2月1日(金) 7:06 ホテルの部屋より見えた富士山
7:06 ホテルの部屋より見えた富士山
9:36 朝食 空港内の24時間営業の ありそ鮨し
9:36 朝食 空港内の24時間営業の ありそ鮨し
9:47 少しだけつまんで終了
9:47 少しだけつまんで終了
  <クアラルンプール 11日目 羽田国際空港の朝>

ホテルの朝のビュッフェを見るとキャビンアテンダントがちらほら。仕事を終えたものもチェックインに入って来る。 空港関係者とビジネスマンのビジネスホテルというコンセプトなんだ。 朝、空港内を散歩、空港内で泊まった人をチラホラ見かける。

朝食は空港内で24時間営業のありそ鮨し。お好みで安めのネタだけを頼んで2人で2000円。上さんがヒモキュウを食べたいなと言ったら、メニューにはないが作ってくれた。

新宿に向かう。 伊勢丹の魚勢でいつもの様に干物を購入。明日の仕込みを早くしたいとのことで、昼は伊勢丹で買ったお握りを帰りの高速バスで食べることにした。 山梨に近づくと雪景色。前夜雪が降ったようだ。家に着くと10cmは積もっていた。二、三日後にはほぼ消えた。

やっと日記を書き終えた。旅の感想を書いておこう。

‐ 反省
わざわざトラブルの確率が高くなるような判断はしてはいけない。国際線はフライト2時間前には空港に着くように。

もうクアラルンプールに行くことはないと思うのだが・・・。

‐ もう一度行きたい店
マジェスティック コロニアルカフェ
パビリオン グランドパレス
リッツカールトン 麗苑
LOT10 フードコート
ボンベイ・パレス

‐ 次に行きたい所
王宮
バタフライ・ガーデン
ブルー・モスク
イポー
ビリヤニの店

‐ 高いと思ったのは
マラッカ一日観光
バード・パーク
KLタワー

Copyright(C) ROKUBUNGI Inc.