2015年  11月30日(月) 秋桜
秋桜
パンジー 食用鬼灯
パンジー                食用鬼灯
 
<冬枯れの庭の色どり>

曇り、風もなく、穏やかな朝。放射冷却もなく、霜柱は立たなかった。 午前中の内に、雲が晴れ、快晴となった。

イワダレソウの中に、一番遅く、勝手に生えてきた秋桜が、まだ満開の花をつけている。 パンジーがチラホラと咲き始めている。 食用鬼灯はたわわに実を付けているが、なかなか成熟しない。萎れる前に成熟して欲しいのだが・・・。

2015年  11月29日(日) 霜柱
霜柱
オオイヌフグリに霜 タイムに霜
オオイヌフグリに霜           タイムに霜
 
<霜柱>

快晴。日が出ると家の中は温室。去年の日記を見ると、初霜柱は12月3日。今年は11月は暖かったが、霜柱は例年通りに訪れたのだ。

2015年  11月28日(土) 朝 6:40 甲斐駒に月
朝 6:40 甲斐駒に月
 
<八ヶ岳おろし>

快晴、少し風が吹き、大気は乾いてきた。八ヶ岳らしい冬が訪れたようだ。昨日の夜は風がビュービュー吹いた。 夕方には薪ストーブを着ける日々がやってきた。外の水道の水抜きをした。

昨日と変わらぬ、甲斐駒の朝の写真。表情が変わるので、つい撮りたくなる。

2015年  11月27日(金) 朝 6:40 甲斐駒
朝 6:40 甲斐駒
朝 6:40 鳳凰三山
朝 6:40 鳳凰三山
 
<朝 甲斐駒 鳳凰三山>

晴れ、10月下旬以来の霜柱が立った。

2015年  11月26日(木) 冠雪 鳳凰三山
冠雪 鳳凰三山
冠雪 甲斐駒 南アルプス
冠雪 甲斐駒              南アルプス
 
<冠雪 鳳凰三山 甲斐駒>

雲が張っているが、晴れ。午後ベランダに出たら、鳳凰三山と甲斐駒に雪。昨夜の雨は、山では雪だったのかな。

2015年  11月25日(水)  
 
<津金 油屋 昼食 ヒット>

チャレンジしなければ、新しいものには巡り合えないのはわかっているのだが、ハズレを引くと、 ”お金を出して、何でこんなまずいものを食ってしまったのかと”、悪態をつき、後悔してしまう。

曇りの中、午後は雨という予報なので、買物がてら、津金のおいし学校の先にある油屋へ。道路沿いにあって、その向こうになだらかな山があり、なかなか心地よい。 買物ということで、写真機を持って来なかったので、久しぶりに写真なしの日記。古家で、昔は万屋、今のコンビニだったのかな。 店に入ると、上さんのフィンランド製のエプロンと同様の生地が小間物に使われていた。 上さんは水餃子、私はアップルポークロールの定食をいただく。丁寧に作られていて、どれもおいしい。自然と、ヒットしたという喜びが沸き上がってくる。 上さんいわく、”私と同じテーストだ”とのこと。飾り気はないが、清潔で、小ざっぱりした店舗だ。 こういう日は、後は何をしても心は満たされている。

2015年  11月24日(火)-3 武田神社 旧躑躅ヶ崎館
武田神社 旧躑躅ヶ崎館
1 武田神社 能舞台 2 武田神社 大手門より
1 武田神社 能舞台          2 武田神社 大手門より
 
<要害山 3 武田神社 旧躑躅ヶ崎館>

小腹が空いていたので、食事処を探したが、門前には土産物屋しかないので、取りあえずソフトクリームを食べる。

武田神社は武田氏の旧躑躅ヶ崎館にある。この館は要害山城の出城で、平時の時の居宅。土塁と堀に囲まれた城塞である。 有事の時は詰城とか、根城と呼ばれる要害山の山城に立てこもることになる。この館の大手門の前には三日月形の土塁と堀も構築されていた。

ラザウォークで買物にすることにしたので、道すがら食事処を探したが、車の中からでは食指を伸ばすような所は見つからない。 結局ラザウォークのフードコートにある丸亀製麺で上さんは”とろ玉饂飩”、私は”とろろ醤油饂飩”をいただく。値段からしたら、小腹にはちょうど良かった。

2015年  11月24日(火)-2 深草観音 岩堂へ至る梯子
深草観音 岩堂へ至る梯子
1 深草観音 手水舎 2 岩堂へ至る石の階段
1 深草観音 手水舎          2 岩堂へ至る石の階段
3 岩堂入口 4 岩堂内から
3 岩堂入口              4 岩堂内から
5 岩塊に雀蜂の巣 6 分岐から駐車場に至る沢沿いの道より1
5 岩塊に雀蜂の巣           6 分岐から駐車場に至る沢沿いの道より1
7 沢沿いの道より2 8 猪が体を洗ったあとでは?
7 沢沿いの道より2          8 猪が体を洗ったあとでは?
9 沢沿いの道より 10 降りて来た集落より 要害山
9 沢沿いの道より           10 降りて来た集落より 要害山
11 集落より1 12 瑞岩寺
11 集落より1            12 瑞岩寺
13 集落より2
13 集落より2
 
<要害山 2 深草観音はワンダーランドだった>

11:40 深草観音(876m) 岩堂には梯子が掛けられていたが、高所恐怖症気味の私はすぐに断念、上さんもよしたようだ。 この梯子は昭和3年にかけられたもので、元々の急な石の階段が横手の方にあった。そこから岩堂へ登る。

岩塊、岩堂、梯子にワクワク。

12:20 岩堂峠(934m) 観音を後にして峠へ。すぐの岩塊の岩陰に雀蜂の巣2個。 そういえば岩の階段で写真を撮っていた時に、耳元でブーンという音がしていた。ひょっとしたら雀蜂だったのかも。 峠から元来た道を引き返す。ここからは兜山に行けるようだ。

12:50 深草観音への分岐 ここからは元来た道ではなく周回コースになっている沢沿いの道を行く。地図はあるが、道標はなかった。 瑞岩寺に立ち寄る。元々この寺は深草観音の所にあった寺である。

13:40 下山 少し観音で時間を費やすぎたようで、昼に予定していたイタ飯屋には間に合わない時間。道すがら、昼飯どころを探すしかない。 本日の山行きで会った人はなし。

所要時間 3時間40分、標高差 370m。

2015年  11月24日(火)-1 堅牢な石作りの城へ至る階段
堅牢な石作りの城へ至る階段
1 要害山駐車場 2 要害ホテルの旧館ではないかと思われる家屋
1 要害山駐車場            2 要害ホテルの旧館ではないかと思われる家屋
3 朴の花の茎 4 武田信玄誕生の地の石碑
3 朴の花の茎             4 武田信玄誕生の地の石碑
5 城跡 6 すいがら入れ
5 城跡                6 すいがら入れ
7 苔むした岩の庭園の趣 8 岩塊
7 苔むした岩の庭園の趣        8 岩塊
 
<要害山 1 城跡を行く>

晴天。今回も明日は雨模様という予報なので、いつもの水曜ではなく、一日繰り上げた火曜の山行き。

駐車場の印がなかったので、ホテル要害に車を止めて、駐車場を聞くと共に、トイレを借りる。 駐車場はホテルを入る小川の手前にある。登山口もすぐそばで、徒歩1分の範囲。

10:00 駐車場(564m) 出発。城へ至る土で築かれた階段は崩れることもなく、歩き良く、趣がある。 1600年には廃城になっているので、いかに堅牢な作りであったかがうかがわれる。

10:20 山頂(780m) 武田信玄誕生の地。城が建てられた広々とした頂上である。

11:10 深草観音への分岐

11:40 深草観音(876m)ここからの写真と記録は次の日記で。ここでは行程記録のみ。

12:20 岩堂峠(934m)

12:50 深草観音への分岐

13:40 下山

所要時間 3時間40分、標高差 370m。

2015年  11月22日(日) 小松菜に露虫
小松菜に露虫
食用鬼灯の殻 昨日の日の出前
食用鬼灯の殻              昨日の日の出前
 
<露虫>

曇りだが、暖かな一日。

おい茂った食用鬼灯の中を熟したものはないかと探したり、菜園の周りを歩きながら、不耕起でもっと土を柔らかくするにはどうしたら良いかと思案。 備中鍬で”さく切り”が良いと書いてあったが、ロータリー耕ではないが、これでは不耕起にはならない。ところで”さく切り”てどうするのなど、 ツラツラと考えた。"畑に溝を切っていくこと"と書いてあるものがあった、ということは、これはただの畝だてではないか。ついでに鋤て何、 シャベルのようなもので、現在はシャベルにとって代わられたようだ。

2015年  11月21日(土) 食用鬼灯 1
食用鬼灯 1
食用鬼灯 2 食用鬼灯 3
食用鬼灯 2              食用鬼灯 3
 
<食用鬼灯>

薄く雲が張っているが晴れ、布団を干した。

巷では既に話されていたが、この11月の例年にない暖かさのために、干柿の出来が悪いと新聞で報道されていた。

まとまって採れないので、いつも菜園で2、3個摘まみ食いしている食用鬼灯が少しまとまって収穫できた。

一度霜が降りた時に一部の葉が萎れたが、まだ葉が青々として、元気だ。花もまだつけている。

2015年  11月20日(金) 大根
大根
パンジー 開花
パンジー 開花
 
<大根>

午前、曇り、午後、快晴。

先日白菜をいただいた移住仲間から、今度は大根をいただいた。 白菜は干した後、樽に漬け、白菜漬けになって、既に食卓に上っている。 お袋の白菜漬けを思い出した。さっぱりとして、おいしい。

セルトレイに一杯いただいたパンジーが咲きだした。春の花だと思っていたが、寒冷地以外は冬から春の花のようだ。

2015年  11月19日(木) 今朝、雲を抱く鳳凰三山
今朝、雲を抱く鳳凰三山
いつまで咲くか秋桜 茶に変化してきた蟷螂
いつまで咲くか秋桜           茶に変化してきた蟷螂
 
<11月>

快晴。11月は中旬を過ぎたころだが、例年になく暖かだ。 昨日は、山に雲がかかっていたが、朝方は晴れで、予報が外れたかと洗濯にチャレンジ。 午後は予報通りの雨となり、チャレンジ失敗。

ほとんどの葉が茶色に萎びているが、秋桜がまだ咲いている。

緑だった蟷螂が茶に変色してきた。

2015年  11月17日(火) 白山から 南アルプス
白山から 南アルプス
1 白山から 茅が岳・太刀岡山 遠景 2 白山から 茅が岳・太刀岡山 近景
1 白山から 茅が岳・太刀岡山 遠景  2 白山から 茅が岳・太刀岡山 近景
3 倒木 4 笠雲を被った富士山 約束の丘より
3 倒木                4 笠雲を被った富士山 約束の丘より
5 荒川ダム 展望台より 6 弥三郎岳より
5 荒川ダム 展望台より        6 弥三郎岳より
7 白砂山 8 羅漢寺山 白砂山より
7 白砂山               8 羅漢寺山 白砂山より
9 太刀の抜き石 10 仁田平マルシェ 玄関
9 太刀の抜き石            10 仁田平マルシェ 玄関
11 仁田平マルシェ 室内 12 仁田平マルシェ サラダ
11 仁田平マルシェ 室内       12 仁田平マルシェ サラダ
13 仁田平マルシェ スープ 14 仁田平マルシェ ポークソテー
13 仁田平マルシェ スープ      14 仁田平マルシェ ポークソテー
 
<獅子平から羅漢寺山へ>

いつもは水曜に行く山行きを、明日は雨模様という予報なので、火曜に繰り上げた。

8:40 獅子平(565m) 移住仲間4人、出発。橋を渡って、集落を通り、ゲートのある登山口へ。 30分位緩やかな登りを行くと、後は平坦な道が続く。朴やその他の広葉樹の落葉をガサゴソ踏みしめて、黄葉の森の散歩という趣。

9:40 白山(620m) 花崗岩が風化して白砂の頂き。南アルプス、茅が岳、太刀岡山等の気持ち良い眺望。先週は今目にしている茅が岳に登っていた。

10:30 約束の丘 到着。笠雲を被った富士山の眺望。羅漢寺山は約束の丘、パノラマ台、展望台、弥三郎岳等で頂上は構成されている。 ここまでは誰にも会わなかったが、ここからは人ごみ。ロープウェイの頂上駅があり、神社・土産物屋等もあって、高尾山頂上を彷彿とさせる。

10:50 弥三郎岳(1058m) 羅漢寺山、最高地点。最後は岩に階段が刻んである岩登り。 展望台に戻って、ベンチがある所でガスボンベに火を付けて、湯を沸かし、珈琲を飲み、ブドウパンを炙って食べる。 喧騒を後にして、誰もいない、元来た道へ。

12:10 白砂山(981m) 時間があるので、途中で通り過ぎた白砂山へ寄道。山道から片道7分。白山同様、名のごとく白砂で覆われている。 今登って来た羅漢寺山の岩がちな山容が一望できる。

13:00 太刀の抜石 ここにも立ち寄る、片道3分。この石の向こうに富士山の眺望。

13:40 下山 戻りも誰にも会わなかったが、駐車場に1台の車。多分、羅漢寺山山頂の人ごみの中で、すれ違ったのかな。

所要時間 5時間、標高差 493m。

昼食は明野にある、倉庫を手作りで改装した、仁田平マルシェでいただく。

2015年  11月16日(月) 蜜柑 1
蜜柑 1
蜜柑 2 収穫 1 蕪・水菜・春菊
蜜柑 2                収穫 1 蕪・水菜・春菊
収穫 2 小松菜 間引き菜
収穫 2 小松菜 間引き菜
 
<蜜柑>

久しぶりの快晴、ということで布団干し。

昨日、東京にいる姉から静岡産の蜜柑が送られてきた。

上さんが昨夕、春菊が必要と言うことで、ついでに採れそうなものを収穫。

2015年  11月15日(日) ラフランス
ラフランス
 
<ラフランス>

朝方雨、降りやんで、時たま曇り空の合間から日がさす。

お袋が91回目の誕生日を迎えるので、高根のグランドの先にある岩原果樹園までラフランスを買いに行った。 写真は自家用に購入したもので、高さ10cm位、2個で810円。

2015年  11月14日(土) 雪虫
雪虫
雪虫 蜘蛛の糸にひかかった 白菜 漬物の準備 寒干し
雪虫 蜘蛛の糸に引っ掛かった       白菜 漬物の準備 寒干し
 
<雪虫>

朝からシトシトと雨。

昨日、菜園の上を青白く、フワフワと浮遊しているもの。 このコンデジでは撮るのは難しいだろうと思いながら、何枚か撮っていると、蜘蛛の糸に引っ掛かった。 やっと、どのようなものか観察することができた。5mm位で透明な2枚の羽根を持ち、お尻に白いフワフワとした毛の様なものが付いている。 調べてみると、俗称は雪虫、正式名称はトドノネオワタムシ、アブラムシ科なので、害虫のようだ。

2015年  11月13日(金) 白菜をいただき、漬物樽も貸してもらった
白菜をいただき、漬物樽も貸してもらった
いただいた焚き付け用の薪 子茄子、子ピーマン、子獅子唐
いただいた焚き付け用の薪        子茄子、子ピーマン、子獅子唐
 
<白菜をいただき、漬物樽も貸してもらった>

畑を借りて野菜を作っている移住仲間から、プロも顔負けの立派な白菜を5個と焚き付けようの薪を二束いただいた。なんと70個も採れたそうだ。

大きくならなくなった子茄子、子ピーマン、子獅子唐を収穫。

2015年  11月12日(木) 終わらなかったスタートアップ修復の画面
終わらなかったスタートアップ修復の画面
ゴチャゴチャやったら出た画面 やっと起動したVAIOリカバリー
ゴチャゴチャやったら出た画面      やっと起動したVAIOリカバリー
 
<ウィンドウズが立ち上がらない>

9日(月)の朝、スリープ状態になっていたパソコンを起こそうとマウスをいじってみたがいっこうに、目覚めない。 仕方がないので、強制的に電源を切って、再起動しようとしたら、スタートアップの修復の画面が立ち上がった。 システムの選択の画面が出て来るが、何も出てこないので、下にあるファイルを開くをクリック。 システム32の画面が出て、多数のフォルダが出て来るが、何を選んでよいのかさっぱり分からない。 戻って、何も選択しないで、次へをクリックしてシステムの修復の画面になったので、修復を開始。 数分と書いてあるのだが、いっこうに終わらない。

パン用のラベルをプリントアウトする必要があるので、又も強制的に電源を切って、再度電源を入れ、VAIOの画面の所でF10を押してリカバリーを立ち上げようとしたが、 起動しようとしているとの表示が画面に出ているだけで、いっこうに変わらない。

仕方がないので、ラベルは別のデスクトップパソコンからアウトプット。

またもや、電源を強制的に切って、再度立ち上げ、最初と同様にスタートアップの修復が出て、いっこうに終わらない。 そのまま放置。

10日(火)朝。昨日と同じ状態で、修復を続けている。仕方がないのでソニーのカスタマーサービスに電話。 指示に従う。電源を切って立ち上げ、F2を押すと、英語の文字だけの画面。EXITの画面に行って、言われたことを実施。 再度電源を切って立ち上げ、リカバリーセンターを立ち上げようとしたが、今度も何も出てこない。 カスタマーサービスはこれ以上無理とのこと。PCも2009年製なので、もう部品もなく直すこともできないと言われて、終了。

民間のPCドクターのような所に頼むしかないかな、それとも中のデータはあきらめて、新しいPCを買う方が良いかなと思案。

もう一度、ウェブで検索して、何か良い方法はないか検索。他のPCでリカバリーディスクを作成して治す方法を発見。

この後はごちゃごちゃとやって、やっとリカバリーが立ち上がるようになったので、リカバリーを開始。

11日(水)夜、山から帰った後、やっと起動した。 直ちに、重要データをリムーバブルメモリにコピー。ピクチャもコピーしようとしたが、40ギガバイトもあるので、容量不足でピクチャーのバックアップはあきらめた。

今後の対応として、64ギガバイトの東芝のリムーバブルメモリをアマゾンで2480円で購入。

パソコンを買い替えることを検討。ソニーはこりごりなので、その前に使っていた東芝のダイナブックを検討。オフィスのソフトが付いていなければ4万円位で購入可能。 そのアマゾンのサイトには、これを購入した人が純正ではないオフィスもどきのソフトとセキュリティーソフトを購入していて、PCと合わせて、5万円位。 次は、純正のパワポも付いたオフィス付きを探したが、こちらは10万円位。

2015年  11月11日(水) 茅が岳
茅が岳
茅が岳 1 茅が岳 2
茅が岳 1               茅が岳 2
茅が岳 3 茅が岳 4
茅が岳 3               茅が岳 4
茅が岳 5 茅が岳 6
茅が岳 5               茅が岳 6
茅が岳 7 茅が岳 8
茅が岳 7               茅が岳 8
茅が岳 9
茅が岳 9
 
<茅が岳 落葉を踏みしめて>

時たまお日様がさす、曇り空だが、風もなく、暖かな日和。

2年前の10月初旬に登ったことのある茅が岳へ、移住仲間4人で山行き。

8:15 深田記念公園駐車場(945m) 出発。平日にもかかわらず、駐車場は8割がた埋まっていて、主に県外車。 女岩までは、緩やかな登り。そこから深田久弥終焉の地まではやや勾配がきつくなり、頂上までの最後のアプローチでさらにきつくなるが、 山容からして、ずっと登りが続くだけで、会話が楽しめる、山行き。落葉でふかふかになり、見晴らしの良くなった、黄葉の中を行くのは心地よい。

10:30 山頂(1703m)。雲の合間から山々を見ることができる。久しぶりに持参したガスボンベで湯を沸かし。小分けされているドリップコーヒーを入れる。 思いのほか、おいしいので、一息。持ってきたパンも少し炙って、食べる。 風もないので、30分位のんびり。11時頃下山開始。

13:00 下山。

上り・2時間15分、下り・2時間00分、計・4時間15分、標高差758m。

昼食は北杜市に戻って、若林を少し行ったところにあるタダリコでパスタをいただく。

2015年  11月6日(金) シェア田んぼ 土手 土盛り前 シェア田んぼ 土手 土盛り後
シェア田んぼ 土手 土盛り前      シェア田んぼ 土手 土盛り後
落花生 1 落花生 2
落花生 1               落花生 2
 
<シェア田んぼ 土手土盛り>

本日も、風もなく、穏やかな晴天。

朝10時、シェア田んぼを一緒にする移住仲間、軽トラに乗って到着。 スコップを手にブラブラ2、3分のところにある田んぼへ。 既に他の4区画は土盛りを終えていた。 粘土質で、草の根が張っているので、掘り起こすのが少し重い。 30分位で終了。その後、家に戻って珈琲を飲みながら四方山話。

落花生をいただいた。パン釜の余熱で180度、40分位ローストした。豆自体の味がして、さっぱりとしておいしい。

2015年  11月5日(木) 穴掘り(1.5mx3.0mx0.3m)
穴掘り(1.5mx3.0mx0.3m)
発酵液体肥料 えひめAI-2 試作 皮からじゃが芋の芽
発酵液体肥料 えひめAI-2 試作     皮からじゃが芋の芽
間引き菜と食用鬼灯 収穫 蕪・ピーマン・獅子唐
間引き菜と食用鬼灯           収穫 蕪・ピーマン・獅子唐
 
<菜園の冬支度>

昨日に続き、風もなく、穏やかな晴天。

12月には土が凍るので、11月中に来年に向けた菜園の冬支度。

<穴掘り>
ミントの植えてある一部を菜園に追加して、来年はじゃが芋を植えようと穴掘り。逐次生ゴミを投入し、土とチャーハンのように混ぜて、土に戻していくつもり。 その後、土が凍るようになったら、生ゴミに掘り上げた土をかけることになる。

<発酵液体肥料 えひめAI-2 試作>
パン用に準備しておいたホシノ酵母が少し余ったので、試作してみた。500ml作るのに、納豆一粒、ヨーグルト25g、三温糖25g、水450mlと通常はイースト2g。 イーストの代わりに余ったホシノ酵母を使用。重さは分からず。30度から40度で1週間培養ということだが、今日は窓際に置いておいた。 上さんいわく、パンの酵母の培養と同様、フリースや毛糸で包んで、窓際で温めるのが良いとのこと。畑に使う時は500倍から1000倍に薄めて、じょうろで撒く。 何とその他、台所、トイレ、浴槽の清掃、洗濯、生ゴミ処理に利用できるとのこと。酵母の分解力を使うらしい。

<皮からじゃが芋の芽>
今年余り実や花を付けなかった林檎のアルプス乙女と姫沙羅の株元に土にかえった生ごみを鋤き込もうとバケツに土を入れていたら、皮から芽を出したじゃが芋発見。

<間引き菜と食用鬼灯>
人参と小松菜を5cm間隔位になるように間引き。ついでに少し色づいていた食用鬼灯4個収穫。

<収穫 蕪・ピーマン・獅子唐>
蕪は一個葉が萎びて来たのがあったので、採った。ピーマンと獅子唐は余り大きくならなくなったので、ある程度大きくなったのを収穫。

2015年  11月4日(水) 山梨文化会館 1966年竣工 設計 丹下健三
山梨文化会館 1966年竣工 設計 丹下健三
武田の杜 自由広場 武田の杜 富士山 片山より
武田の杜 自由広場           武田の杜 富士山 片山より
武田の杜 八ヶ岳 片山より 千代田湖 武田の杜 隣接
武田の杜 八ヶ岳 片山より       千代田湖 武田の杜 隣接
甲州夢小路 城郭
甲州夢小路               城郭
ガレット パスタ
ガレット                パスタ
デザートのクレープ
デザートのクレープ
 
<休園日だった武田の杜を散策>

山には休みはないが、武田の杜は公園で、休園日だった。通常は月曜日、それに加え、祝日の翌日。ゲートは閉まっていたので、千代田湖に車を止めて、そこから歩いて行った。

移住仲間5人で9時半頃散策開始、12時半頃終了。ペチャクチャ話しながらの、3時間の散策。紅葉と山々の眺望を楽しんだ。

昼食は甲府駅近くの、最近できた”甲州夢小路”に車を止めて、YBSの入っている山梨文化会館のD&DEPARTMENT YAMANASHIのカフェでガレットやパスタをいただく。

山梨文化会館が斬新なので、久しぶりにワクワクした。1966年竣工で、50年位経っているが、古さを全然感じさせない。

駅近くに城郭跡や山梨大学があるのでビックリ。

最後は”甲州夢小路”をブラツイて終了。

2015年  11月3日(火) 10cm位の蟷螂 静止中
10cm位の蟷螂 静止中
棗の実 近所の薔薇の実
棗の実                 近所の薔薇の実
 
<昨日と打って変って、暖かで穏やかな日>

快晴、風もなく暖かい。部屋の中にいると温室にいるようだ。

2015年  11月2日(月)-2 雨上り 夕暮
雨上り 夕暮
雨上り これが黒色笄蛭
雨上り これが黒色笄蛭
 
<雨上り 夕暮>

ほんの一時の輝き。

ペイントで描いて没にした黒色笄蛭の写真が撮れた。

2015年  11月2日(月)-1 薪ストーブ 今季初めて火を入れた
薪ストーブ 今季初めて火を入れた
3cm位の灰まみれの雀蜂の死骸発見
3cm位の灰まみれの雀蜂の死骸発見
 
<薪ストーブに今季初めて火を入れた 3cm位の灰まみれの雀蜂の死骸発見>

久しぶりに朝から雨。ほとんど水遣りをしない不耕起、非除草、無施肥、無農薬の菜園に潤い。

Copyright(C) ROKUBUNGI Inc.